Product

このコンテンツを表示させるには Adobe Flash Player が必要です。

Flash Player を入手する

エアリーシェードとは?

エアリーシェード

“エアリーシェード”は多数の葉で構成される樹木構造に倣った、立体形状のユニットを組み合わせでつくる新発想の日よけ。
日射による本体の温度上昇が少なく、木陰のような居ごごちを感じます。
日射しが一番強い時間帯を中心に遮光し、朝夕のやわらかな光を通します。太陽高度の低い冬場は逆に、多くの光を取り入れる画期的なシステムです。

遮光

強い日射しを木漏れ日に変える。優れた遮熱効果を発揮

特殊な形状をもつ“エアリーシェード”は、夏場のいちばん暑い南中時を中心に日射しを遮る構造を実現。チリチリした暑さを感じる近赤外線も約95%カットします。

pagetop

通風

風通しよく、熱がこもらない快適空間を実現。

多数の穴が開いた立体構造をもつ“エアリーシェード”は、大きな開放感と良好な風通しを実現。熱こもりがなく、夏でも爽やかな風が通り抜けます。

pagetop

日陰

幾何学模様の影がもたらす視覚的な心地よさ

日よけというと、その下は薄暗い印象がありますが、“エアリーシェード”の下はとても明るく開放的。そして地面に映し出される幾何学模様の影は視覚的な涼しさを演出します。

pagetop

省エネ

水やりや電気もいらない都市の涼しさ対策。

“エアリーシェード”なら、大きな木を植えることができない都会のビルでも、広い木陰のような空間が実現できます。また、一度設置してしまえば緑化と違い水もエネルギー(電気)も不要です。

pagetop

エアリーシェードと従来の日よけの比較

エアリーシェード、オーニング比較画像
面材温度(℃)
  • 62.2a:オーニング
  • 50.4b:エアリーシェード
  • 11.8aーb
風速(m/s)
  • 0.53a:オーニング
  • 1.23b:エアリーシェード
  • -0.70aーb
屋外照度(Lx)
  • 111444a:オーニング
  • 18595b:エアリーシェード
  • -7451aーb

pagetop

幼稚園
都市部の保育園・幼稚園に、
真夏でも外で元気に遊べる空間を。
真夏の園庭に快適な空間をつくり出し、熱中症から子供たちを守ります。
幼稚園
公園の砂場を、
気持ちよく過ごせる風通しのよい場所に。
休日の遊び場である公園の砂場。夏場、強い日射しが気になる場所も、風通しのよい気持ちいい場所に変わります。
幼稚園
人の集まる商業施設には、
大型施設
日よけとしての効果だけでなく、その斬新なデザインも印象的なエコ・シンボルとして、来場者の心に残ります。
ヒートアイランド対策
緑化対策を変える、
省エネな都市のヒートアイランド対策として。
エアリーシェードは、緑化とは異なり水遣りなどの手間や経済的負担もなく植物の育ちにくい環境下にも適しています。そのため、都市の新たなヒートアイランド対策として期待されています。

pagetop

フラクタル日よけ開発秘話

実現したのは、自然の知恵を応用した全く新しい形の日よけ

京都大学大学院教授酒井敏

京都大学 大学院教授
酒井敏さかい さとし

京都大学
酒井敏教授ページへ

フラクタル日よけの開発は、元々ヒートアイランド対策の研究から始まったものです。ヒートアイランド対策として重要なのは「気温を下げる」ことではなく、都市の「表面温度を下げる」ことです。
都市部に比べ郊外の森の表面温度は明らかに低いことがわかりました。
これは、日射を受ける木の葉の面が小さく大気への熱伝達効率が大きいこと、2次元の小さな木の葉が3次元空間に適当な間隔をあけて配置されていて風の通りがよいことなどによります。
樹木の葉の配置を人工的に作り、都市の表面温度を下げることはできないか。
そこで閃いたのが、代表的なフラクタル図形であるシェルピンスキー四面体でした。この形状で小さな面を3次元空間に分布させれば、表面温度を上げずに日射を遮り、森のような環境を人工的に作り出せるのではないかという結論に至りました。
フラクタル日よけの用途としては、屋上緑化にも効果的ですが、より有効なのは公園の休憩所、駐車場の屋根など、地面を冷やすために使うことです。
冬は放射冷却を抑えて霜がつきにくいので、この他にもいろいろな可能性が考えられます。

pagetop

東京お台場での設置実験

面積:約250㎡ 期間:09年6/24~8/31

エアリーシェードの一部分に同じ素材で作った“平らな部分”を設け、フラクタル部分との比較を行いました。
エアリーシェードのフラクタル部分は、“平らな部分”より20度くらい温度が低いことがわかります。
又、周囲の道路や横の芝生面と比較しても、フラクタル部分は温度が低いことがわかります。

フラタクル部分比較
さらに

フラクタル日よけの下側も
測定してみました。

測定結果から、日よけ下の表面部分はほとんど高温になっていないことがわかりました。

エアリーシェード日よけ下側温度